メニュー

むし歯の治療

むし歯は、口の中に居る細菌が砂糖のような糖質を酸に変えて、歯の表面にあるエナメル質を溶かしていく現象です。

むし歯の治療については、その重症度合いによって、治療方法が異なります。

むし歯の治療法は、主にむし歯の進行度によって決まりますが、むし歯の出来た場所や大きさ、患者さんの年齢、生活環境、希望により同じ進行度でも同じ治療を提案するとは限りません。

初期むし歯(CO)

削らず回復をまちます。正しいブラッシング法を身につけフッ素塗布で経過を観察します。

進行したむし歯(C1)

エナメル質がむし歯になっている状態です。COのように、回復は難しいですが、出来るだけ削らずこれ以上進行させないようにブラッシングとフッ素塗布で経過を観察していきます。

場合によっては、むし歯の部分を削りプラスチック樹脂の「コンポジットレジン」で修復します。

この修復方法は、一日で修復することができます。

より進行したむし歯(C2)

むし歯が象牙質にまで進んだ状態です。

麻酔が必要になります。むし歯の部分を削りプラスチック樹脂の「コンポジットレジン」で修復する場合と、型をとって「インレー」を製作し接着させる方法があります。

インレーの修復方法は、製作するのに日数を要する為2回来院する必要があります。

また、神経に近いところまでむし歯が進行している場合は、出来るだけ神経を残す為に、治療回数と期間がかかることがあります。

さらに進行したむし歯(C3)

むし歯が歯髄に達した状態です。多くの場合歯髄に感染が及んでいる為、むし歯を削り歯の神経(歯髄)を取り除いて根の中をきれいにする根管治療をします。

治療には回数がかかります。

歯髄を取り去って残った根管と呼ばれる空洞を埋めて、治療は終了となります。歯髄を取った歯は栄養が供給されず、脆くなってしまうので、クラウンと呼ばれるかぶせものをして治療することもあります。

非常に進行したむし歯(C4)

歯の頭の部分が崩壊して根っこだけの状態です。

出来るだけC3と同様の根管治療を行いますが、抜歯せざるを得ない場合もあります。その場合は、ブリッジ、入れ歯、インプラントなど欠損部を補う必要があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME